2013年04月16日

「和だいこん」さんの短角牛ステーキ

三陸漁業支援の協力者である「和だいこん」さんに岩手短角牛が届きました。ご主人は調理人として、素材の素晴らしさに惚れ込んで、入手ルートを探していたのですが、三陸の皆さんのお蔭でようやくその夢がかないました。何しろ、年間20頭しか生産しない貴重品です。

三陸の皆さんが赤ニコ広場のイベントに出店したことがありました。実はそこに短角牛の生産者の方も出品していたのです。そのご縁がもとで供給していただくことになったそうです。入荷して1週間寝かすことになりましたが、やはり待ちきれません。

私はステーキにしていただきました。うーん絶品です!

IMG_0215Tr.jpg

ご覧いただけるように、短角牛の肉質は脂肪分が少ない赤肉です。噛みしめる食感の中に、肉のうま味がじわーっと広がります。霜降り牛も美味しいのですが、それとはまったく違う美味しさです。脂肪は少なく美味しい、ヘルシーさがとても嬉しいです。

IMG_0242(25%).jpg

岩手の厳しくも豊かな自然環境のなかでのびのびと育てられてきたに違いありません。

是非、「和だいこん」さんを覗いてみて下さい。
posted by 三陸ボランティア at 07:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

三陸の旬のメカブをいただきました。

ご報告が遅れましたが、4月に入って三陸から事務所にメカブを届けていただきました。
事務所のお昼は、メカブ納豆かけごはんとなり、三陸の旬を味わいました。

_三陸メカブ&納豆_.JPG

調理方法ですが、楽天レシピを参考にしました。

@まずよく洗って、熱湯で1分前後さっと茹でます。
A綺麗な緑色に変わったら水で冷やします。更に鮮やかな緑色なります。
B包丁で3cmに切って、更に刻みました。
事務所で包丁を使って格闘したスタッフは、次はフードプロセッサーを使おうと言っていました。
Cポン酢など、お好みで味付けします。

メカブは、ワカメの根元にある肉厚でヒダ状の部分です。
ワカメの葉や茎に比べてメカブは栄養豊富で、ネバネバがあるのが最大の特徴です。調べてみると、このネバネバ成分は、アルギン酸やフコダインと呼ばれる酸性多糖類ということです。アルギン酸は、胃腸の調子を整えたり、油分と塩分の吸収を抑える効果があり、フコダインには、血液をサラサラにしたり、ピロリ菌の胃壁への付着を抑制する効果があるそうです。なんだかとても健康に良さそうですね。

そういえば、テレビで紹介されてから、加工されパックに入ったものスーパーで見かけるようになったという人もいました。

また、4月3日に頂いたお便りでは、「昨日で生ワカメの出荷が終わりました。震災前の半分以下でした」とありました。早く震災前に戻るように祈ります。
posted by 三陸ボランティア at 18:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

事務所で「三陸定食」

三陸から、事務所にたくさんの魚を送っていただきました。
お店向けの出荷と違って、下処理をしていただきました。

今日は、事務所のスタッフと一緒に、「三陸定食」です。
・どんこと野菜たっぷりの味噌汁
・ワカメのサラダ
・ごはん

IMG_0092(30%).jpg

私も出張のない今日は、ありつくことができました。
美味しかったです。
三陸の皆さん、ありがとうございます。

寒い日が続きます。海は時化ていないか気になります。
くれぐれも気を付けてお仕事頑張ってください。


posted by 三陸ボランティア at 17:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。